ホームページ、Webシステム開発ならエボルニにお任せください

Facebookアプリ / Twitter連携

拡散性(バイラル性)を生かしたSNSアプリを開発いたします

エボルニがFacebookアプリやTwitterとの連携で得意としていることは、企画されたアプリをそのまま制作するのではなく、ユーザの目線に立ったユーザインタフェースを考慮したSNSアプリをご提供できることです。
エボルニでは、SNSアプリの画面を制作する際も、ユーザの視点を予測するシステムを使い、ユーザが情報を拡散する流れをストレスなくスムーズに進められるデザイン、システムをご提供いたします。

Facebook / Twitterで効果が出るコンテンツ

まず最初に、これから作るSNSアプリにどのような効果を望んでいるのかということを考えてみましょう。ほとんどの場合、FacebookアプリやTwitterとの連携で望める効果は「拡散性」だと思います。よく「バイラルマーケティング」とも言われていますが、FacebookアプリやTwitterとの連携にはそのような効果があります。

実際にお客さまからエボルニに開発をご依頼いただいたSNSアプリで、成功した組み合わせとして多かったのは「面白い内容」+「知名度の高いブランド」でした。
この組み合わせでのSNSアプリは拡散性が高く、アプリのファンになってくれたユーザが、企業のファンとして定着することも望めます。

ちなみに、「面白い内容」+「興味があまり無いブランド(企業)」という組み合わせの場合ですと、アプリ自体は面白いため、一時的に効果が出てファンが獲得できますが、その後、企業側からファンが興味を持っている情報を継続して提供することができず、しばらくするとアプリからも離れてしまう傾向が強いようです。

このような経験から、エボルニではSNSアプリの開発をご相談いただいた際には、SNSアプリの特性をお客さまにお伝えして、メリットとデメリットご理解していただいた上でご依頼いただくようにしております。

SNSアプリ開発のこだわり

エボルニではFacebookアプリやTwitter連携の特性である拡散性を最大限に生かすために、SNSアプリの画面を制作する際も、ユーザの視点を予測するシステムを使い、ユーザが情報を拡散する流れをストレスなくスムーズに進められるデザイン、システムをご提供いたします。

ちなみに、Facebookアプリを開発する際にはSSL(暗号化通信)が使えるサーバが必要になります。ご利用中のサーバサービスによっては、SSLが利用できない場合がございますので、事前にご確認ください。

また、WebサーバからFacebook / TwitterのAPIへのアクセスを行いますので、サーバから外部への通信が制限されていない(または許可できる)ことも必要です。

このように、ご利用中のサーバサービスによっては実現できないことがありますので、ご用件の把握と実現可否の検討については、統合的に対応させていただきます。

TOP