ホームページ、Webシステム開発ならエボルニにお任せください

マルチデバイスWebサイト制作

レスポンシブではない新しいスマートフォン、タブレットサイトの形

エボルニではレスポンシブウェブデザインではなく、マルチデバイスサイトの構築をお勧めしております。ちなみにマルチデバイスとは1つのコンテンツやサービスをどんなデバイス(端末※)でもデバイスに合わせた見た目で提供するという意味です。エボルニではWebサイトの見た目をマルチデバイス対応にし、どのデバイスから見ても問題なく閲覧できるサイトをご提供いたします。

※ネットワーク経由でサーバと接続し、データの入出力などを操作するための装置。ここではスマホやタブレットを指します。

レスポンシブウェブとの違い

【レスポンシブ・ウェブデザイン】
あらゆるデバイスに対して単一のWebページ(HTML)を使い、スクリーンサイズ(画面幅)を基準にCSSだけを切り替えてレイアウトを調整します。

【マルチデバイス・ウェブデザイン】
あらゆるデバイスに対して単一のWebページ(HTML)を使うこともあるが、場合によってはHTMLを分けることもある。ユーザーエージェントで表示するCSSを切り替えてレイアウトを調整します。

もともと、マルチデバイスウェブは単一のウェブページを使うという考えより、PCはPC用のHTML、スマートフォンはスマートフォン用のHTMLとHTMLを分けることが多かったのですが、システムやCMSを導入しているサイトはスタイルシートのみで切り替えることが可能です。また、設計の仕方によってはシステムやCMSを導入していなくとも同一のHTMLでCSSの切り替えで対応することができます。

レスポンシブウェブのデメリット

全てのスクリーンサイズにあわせてCSSの切り替えでレイアウトを調整するため、一からサイトを構築する必要がございます。また、設計に時間がかかるため通常のサイト制作より費用が高くなります。サイトのデザインがシンプルになりがちですので、特徴的なデザインのサイトにするためにはより多くの費用が必要となります。

TOP