ホームページ、Webシステム開発ならエボルニにお任せください

ライフスタイルマガジン「Kinfolk」

アメリカで近年「ヒップスター」と呼ばれる若者たちが、
新しいトレンドを作っていると言われています。
    
“既存の価値観ではなく、
自分たちが本当に良いと思う
上質なものに囲まれて丁寧に暮らす”ことを良しとする新しい世代。
  
特にニューヨークのブルックリンや
ポートランドといった地域に住み、
そこでビジネスを始めたり、
店を開いたりする人も少なくありません。
    
コーヒー、チョコレート、コスメ、
最近のニューヨークのトレンドも、
彼らが仕掛人になっていることが多いと言われています。
  
そんな中でも注目を集めている「Kinfolk」は、
2011年にポートランドに住む20代の夫婦と
その友人によってスタートしたライフスタイルマガジンです。
スクリーンショット 2014-09-01 21.00.49

    
上質の紙を使い、ロンドン、ヘルシンキ、東京など
世界各地の個人経営のコーヒーショップ、レストラン、アパレルストアを紹介し、
アート性の高い写真とエディリアルデザインにより、
アメリカ国内はもとより日本でもファンが多いようです。
  
そんなKinfolkが新しく展開しているのが、
日本のパートナーと組んでデザインしたという、
彼らの世界観を伝えるオリジナルの雑貨や衣類を扱う
〈Ouur by KINFOLK(アウアー・バイ・キンフォーク)〉。
    
現在ニューヨーク、ロサンゼルス、東京の天王洲の直営店のほか、
新宿や青山を始めとするアクタスでも販売されています。
  
創設者であるネイサン・ウィリアムスは
もともと無印良品やビームスなど日本のテイストが好みだそうで、
シンプルながらも洗練されたデザインと
上質な素材のオリジナルのグッズにもそれが反映されています。
    
ミニマムなデザインで素材の良い商品を
リーズナブルに提供する無印良品やユニクロは
ニューヨークでもファンが多く、
無印良品の雑貨はMOMAのデザインストアでも取り扱われていますし、
ユニクロのカシミアセーターは筆者の周りでも
毎年買い足すというほど愛用している人が多いです。
  
日本の商品の影響を受けたヒップスターによる
ライフスタイルブランドKinfolkの日本上陸は、
日本文化の逆輸入とも言えそうです。
スクリーンショット 2014-09-01 21.01.14
    
そんな日本のデザインとヒップスターの感性による新しいトレンドが、
今後益々世界の各都市に広がっていきそうです。
  
Kinfolk
http://www.kinfolk.com/

KinfolkLife
http://kinfolklife.com/

Actus
http://www.actus-interior.com/

The New York Times
http://www.nytimes.com/2014/04/27/fashion/kinfolk-magazine-the-martha-stewart-living-of-the-portland-set.html?_r=0
—————————————————-

Texted by 白石里美
ニューヨーク在住のライター
翻訳家/米国公認ホリスティックヘルスカウンセラー。
最新のダイエット、デトックス、美容情報に精通。
「心と体の健康なくして美は成らず」をモットーに
栄養学からファスティング、ワークアウト、ヨガ、オーガニック、
ナチュラルコスメ、ファッション、ライフスタイルまで
内面と外見をトータルでケアする記事を執筆。
ニューヨークで見つけた肌と体と心に効くことを気ままに綴る
ブログ:http://ameblo.jp/nydetox/
Facebook:https://www.facebook.com/nydetox

—————————————————-

TOP