ホームページ、Webシステム開発ならエボルニにお任せください

パリでお好み焼き

近頃、パリの日本食として
人気になりつつあるのがお好み焼きである。
写真 1
            
パリのお洒落なスポットとして
近年人気になりつつあるエリア
北マレ(日本でいうと南青山辺りといべきだろうか)にも
人気のお好み焼き屋さんがある。
            
おこむす」という店名で
ハイセンスでお洒落なスポットらしいく、
内装やお皿もモダンである。

            
中でも、
ardoise(フランス語でアードワーズと発音し英語ではスレートと言われる)
という屋根などに使われてきた粘板岩を薄く削って
板状にしたもので出来たお皿に
盛り付けられたお好み焼きは
フランス人だけでなく日本人にも感動を与える。
写真 4
            
この、ardoiseというお皿は
パリのフレンチレストランで
アミューズブッシュという付け出し用に盛り付けられたり、
チーズやハムを盛り付けるのによく使われている。
            
そのお皿をお好み焼き用に使うとは
なんともモダンな演出である。
            
気になる値段はというと、
トッピングにより上下するが
お好み焼き一皿17ユーロから20ユーロ前後である。
            
お好み焼きをワインと共に頂く新しい習慣が生まれつつある。
            
一方、以前からお好み焼きを出している
AKIという和食屋さんがオペラ地区にもある。
            
こちらは、お好み焼きに
お味噌汁とサラダがついたセットメニューで
14ユーロ程である。
写真 3
            
この界隈の、うどんセット、カツ丼セットなど
日本食のセットメニュー大体この値段である。
            
また、こちらのレストランでは
お好み焼きの持ち帰りも出来るので、
食事時には持ち帰りをする人と
店内で食事をする人で賑わいを見せている。

            
フレンチにはガレットという
そば粉で出来たクレープがある。
            
ガレットには生ハムやチーズ、卵などが入っていて
フランス人達の好きな食べ物の一つである。
            
生地に様々な具が入っているという事が
お好み焼きガレットに共通しているからか、
お好み焼の説明をする時に
ガレットのようなものだと言うと大抵納得してくれる。
            
パリでブームになりつつあるお好み焼き。
写真 2
            
今年もまた一件、atsuatsuという
新しいお好み焼き屋さんが
パリ市内に新しくオープンしたそうである。

            
—————————————————-

Texted by 榊原幸子

—————————————————-

TOP