ホームページ、Webシステム開発ならエボルニにお任せください

香港B級グルメ
朝食の定番はまさかの「出前一丁」!?

香港で日本の有名人といえば
去年コンサートで初来港した
福山雅治をはじめ数々の芸能人がいますが、
約30年間人気を維持している「清仔(チンチャイ)」は格別。
      
あの日清食品のインスタントラーメン「出前一丁」の坊や
なんと香港では清仔とよばれ
長年香港市民に親しまれています。
      
この清仔、トラムやバスの広告にも登場し
香港人で知らない人はいないほど。
            
1985年以降は香港に工場ができ
出前一丁は香港製造ですが
日本製の品質と味のイメージが根強い人気の理由。
      
スーパーマーケットの
インスタントラーメンコーナーは出前一丁が占領し
なんと全部で20種類あります。
IMG_4
      
香港かのバラマキ土産としても旅行者の間では人気のアイテム。
      
定番は「香港製造」と書いてあるオリジナル版。
IMG_3
            
日本風の九州とんこつ味や東京しょうゆ味
香港風のXO醤味とカレー味
さらには東南アジア風のサテー味やトムヤムクン味などもあります。
            
一袋4.4香港ドル(約70円)と
手軽なお値段なのでお土産に多めに買う人も。
かさばるのが少々難ですが、話題性があるのがポイント。
            
またカップに入った出前一丁は
オフィスのランチタイムに食べる人がいるほどの人気。
IMG_5
            
日本では夜食のイメージが強いインスタントラーメンですが、
香港では大手フードチェーンの
美心(マキシム)グループのカフェ部門をはじめ
多くの茶餐廰(チャーチャンテン、いわゆる香港の大衆食堂)の
B級グルメの朝ごはんメニューでは定番。
      
出前一丁にこだわりがありので、メニューにも記載。
      
もちろんごまラー油もついてくるので、
お好みで入れることができます。
            
朝食メニューは出前一丁の麺にたまごとソーセージ
またはランチョンミートと野菜が少し入って
25.50香港ドル(約300円)。
IMG_2
IMG_1
これは全部香港製造で日本では売っていないため
香港ミルクティーかコーヒーもついてきてこのお値段はお得。
            
また他の麺やでは
出前一丁は2香港ドル増しなど高級なのです。
      
スープやごま油は使わずに
焼き麺として調理する茶餐廰もあります。
      
香港でも日本のように鍋をすると〆に麺を入れるのですが
ここでも出前一丁の麺が登場します。
      
日本人にとっては
たまにムショウに恋しくなる出前一丁ですが
香港では日常生活の一部となっている出前一丁坊やは
なくてはならない存在なのです。
      
—————————————————-

Texted by りんみゆき
香港在住のトラベルライター/通訳
一か月飛行機に乗らないとそわそわする旅行好きな元CA。
ある時は秘境の地、アフリカのサファリでカバウォッチング、
またある時はバリ島のリゾートでカクテルを飲んでいたり、
エレガントにパリで美術館巡りなど
子連れで世界のいたるところに出没中。
趣味はマラソン、ズンバ、イラスト画、ウクレレ
ブログ:http://ameblo.jp/miyukilynn/
ウェブサイト:http://www.aconnect.jp/

—————————————————-

TOP