ホームページ、Webシステム開発ならエボルニにお任せください

パリのユニクロ

2010年にパリのオペラ地区にオープンしたユニクロ。
当時、短期語学留学生としてパリにいた私には衝撃的だった。
  
何故なら、日本ではヒートテックといえばユニクロというように
安くて質が良いというイメージで
おしゃれというよりはお買い得という印象が強かったからだ。

   
しかも、場所はあのオペラ座ガルニエのすぐ近く。

 
確かにユニクロは安くて良いが、ファッション最先端というパリ。
しかも中心地であるオペラ地区にマッチするのだろうかと思った。

   
しかし、当時のユニクロは安くて質が良いという事だけでなく
「おしゃれ」という事を印象付けるような
宣伝をしたちまちパリで話題になった。
 
開店初日には、日本人だけでなく
多くのフランス人が押し寄せ入場制限さえされていた。
 
それから4年後の今、オペラの店舗はフランス人だけでなく
パリに来る旅行者達で今だに賑わいをみせている。
  

そして、今年、パリにユニクロの二号店がオープンした。
写真 1

写真 33
場所はなんと、
パリで最先端のおしゃれなショップが並ぶ地域のマレだ。
  
パリにオープンさせて5年目のユニクロの二号店は
既にフランス人の間でも話題になっている。
 
マレ地区の店舗はオペラ地区よりも
よりおしゃれな構造になっている。
  
まず、建物が元々、銀製品を作る工場だった為
その跡石が垣間見れる造りになっている。
  
地下にはその展示スペースもあり、
買い物の途中で展示を楽しむ事も出来る。
55

また、ユニクロ商品の展示もおしゃれで「センスがありますよ」
というような雰囲気を醸し出している。
  
そこに、ユニクロの強さである安くて質が良いよいという点が加わり、
フランス人の心をぐっと掴んでいるのだ。
  
マレ店舗には、殆ど日本人がいない。
フランス人と旅行者ばかりなのだ。
 

そして、来店者の服装もそれなりの格好なのである。
旅行者もヨーロッパ圏から英語圏まで様々だ。
  

きっと、自分の国にユニクロがないから
パリにあるユニクロで買っているのだろう。

   
日本でも主力商品だと思うが
ウルトラスーパーダウンのコーナーは物凄い人集りになっている。
写真 5

様々な色のダウンを着たマネキンが並び、
見ているだけでも楽しめる。

   
けちで有名なフランス人にとって重要な「安さ」に
日本人クオリティといわれる「質の良さ」
そこにおしゃれが加わり、ユニクロ人気は加速する一方である。

TOP